• エイジングケアコスメ研究所

お肌のシミ対策スキンケア完全マニュアル!

◆シミの原因は紫外線だけじゃない|活性酸素や炎症にも要注意

シミ

シミができる原因は、主に8つの原因に分ける事ができます。

日焼けによるシミをはじめとし、乾燥肌によるシミ、ニキビによるシミ、間違ったスキンケアによるシミの他、食生活の乱れによるシミ、ストレスによるシミ、睡眠不足によるシミ、タバコによるシミと言った生活習慣が及ぼすシミになっています。


●紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)のお肌に与えるダメージの違いまとめ

肌のたるみ

紫外線の中でも、紫外線A波(UV-A)は肌の奥深く、真皮にまで到着してしまいます。

その結果、肌のハリや弾力に必要なコラーゲンやエラスチンが傷つけられる事が多くなっています。

そして、もう一つの紫外線である紫外線B波(UV-B)は、肌のシミを生み出す紫外線になっています。

この紫外線B波(UV-B)は、特に5~9月頃が最も多い季節となっている為、この時期の紫外線対策は、念入りに行う事が重要です。

紫外線が肌に侵入する事で、皮膚は細胞を守るため、メラニン色素を作り出すように活性化します。その結果、シミとして肌に残ってしまう仕組みになっているのです。


●活性酸素がシミやお肌の老化の原因に

活性酸素とは、簡単に言うと老化現象の一つになってきます。

体が老化する事で活性酸素が増えて来ます。

また、活性酸素は紫外線によっても、増えるものになっています。

そして、この両者が重なり、活性酸素が増え続けて行く事で、シミとなって肌に現れると言う事になってくるのです。

これだけ聞くと、まるで活性酸素が悪いもののように思えますが、実際、人間の体において、活性酸素は悪いものではありません。

活性酸素には、体内に侵入してきた菌などから細胞を守る働きがあります。

その為、体内に侵入してきた紫外線などを撃退する為に、活性酸素が大量発生するのです。

そのような事から、活性酸素を増やさないようにする為には、紫外線をはじめとし、菌などを体内に侵入させないようにする事が大切になってくるのです。


●炎症がお肌のシミになる原因は?

ニキビ跡や肝斑などの炎症がシミになる事も多くなっています。

皮膚は常にダメージの回復に全力を尽くそうと努力しています。

そんな皮膚にニキビや肝斑などが出来た場合、皮膚は、それらのダメージを回復するために、新しい細胞を作ろうと活発に動き出します。

その際、メラノサイトも一緒に活性化してしまう事によって、メラニン色素による色素沈着が起きてしまうのです。

その為、炎症が結果的にシミとなって肌に残ってしまう事にるのです。


◆厚生労働省認可の美白有効成分の特徴

厚生労働省が認可する美白有効成分には多くの種類があり、それぞれに特徴のある成分になっています。

その為、厚生労働省が認可する美白有効成分がすべて入っているからと言って、自分の肌にあっているものと言うのではなく、それぞれの成分の特徴を知ったうえで、自分にあった美白化粧品、美白医薬部外品を選ぶ事が大切になってきます。


【トラネキサム酸】

トラネキサム酸は主に止血に使用される成分になっています。

その事から、シミの中でも肝斑に効果的な成分になっています。

肝斑の場合、老化や紫外線の影響によるようなシミとは少し異なってきます。

頬に薄く広く浮き上がってくる事が多く、そのような肝斑への対策には、トラネキサム酸が非常に有効的だと言われているのです。

その為、肝斑の際は、迷わず、トラネキサム酸が配合されているものを選ぶ事が重要です。


【ビタミンC誘導体】

ビタミンは、美肌に欠かす事ができないものになっています。

その中でも特に美肌効果を期待する事ができるのが、ビタミンCです。そんなビタミンCを安定して肌に浸透させる事ができるのが、ビタミンC誘導体になっています。

ビタミンCだけでは、なかなか肌に浸透させる事は難しくなっています。

果物や野菜と言った日々の食事の中でも、比較的、摂取する事ができやすいビタミンCですが、それらを肌まで行き届かせる事は、なかなかできません。

その為、美白効果をビタミンCの力で行う為には、ビタミンCを肌に取り入れる事が出来やすいビタミンC誘導体が必要になってくるのです。


【リノール酸】

植物オイルに多く含まれている不飽和脂肪酸の一種であるリノール酸。

必須脂肪酸として、美白効果以外に注目される事が多い成分になっています。

そんな、リノール酸が美肌効果において期待する事ができるのが、シミの主な原因であるメラニンの元になる酵素の一つ、チロシナーゼを減少させる効果があるところ。

その為、美白効果においても、リノール酸が注目されているようになっているのです。


【アルブチン】

αアルブチンとβアルブチンの2種類あるアルブチン。

特にβアルブチンは、古くから多くの化粧品に使用されている成分になっています。

しかし、このβアルブチンだけでは、さほど美白効果を期待する事ができず、ロキノンとブドウ糖をα結合させ作られたαアルブチンの方が、美白効果が高いと言われています。

その効果は、10倍とも言われ、どのようなシミのも効果を期待する事が可能になっています。

その為、多くの化粧品などにこのαアルブチンが配合されるようになっています。

ただし、シミを消すと言うより予防効果になっています。


【コウジ酸】

お酒の原料となる麹から作られた発酵代謝成分コウジ酸。

コウジ酸は、メラニンが化学変化する為に必要なチロシナーゼの活性を抑える事ができると言う事で、美白効果を期待する事ができると言われています。


【プラセンタエキス】

プラセンタエキスとは、哺乳類の胎盤から抽出されたものになっており、多くの美容効果を期待する事ができるものとして有名です。

その中の一つに細胞の活性化を活発にさせる事ができる効果があり、この効果により、肌の新陳代謝をアップさせる事が可能になっています。

肌の新陳代謝がアップする事で、シミの元と言われているメラニンを排出させる事ができ、結果的に美白効果を期待する事ができるようになっているのです。


【エラグ酸】

エラグ酸と聞くと初耳の人も多いかも知れませんが、イチゴなどに多く含まれているポリフェノールと言うと聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか。

エラグ酸は、そんなポリフェノールの一種となっており、抗酸化力が非常に高い成分になっています。

その上で、チロシナーゼの働きを抑制させる事ができる為、美白効果を期待する事ができるものと言われているのです。

チロシナーゼとは、メラニン色素が黒くなる原因になっています。その為、そんな、チロシナーゼを抑制させる力がエラグ酸にはあるのです。


【4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)】

4MSKは、資生堂によって開発された第三世代の美白成分と呼ばれるものになっています。

そんな、4MSKは、簡単に言えば、サリチル酸の誘導体です。

サリチル酸とは、皮膚の角質を軟化させる効果を期待する事ができると言われています。

そんな、4MSKには、角質を正常化させる効果がある他、溜まったメラニン色素を排出させ効果も期待する事ができ、その結果、シミの予防、改善へと大きな力を発揮させる事ができる成分になっています。


【ニコチン酸アミド】

ニコチン酸アミドは、別名ナイアシンアミド、ビタミンB3と呼ばれています。

ビタミンB群の一種となっており、人間において、重要な成分の一つになっています。

そんなニコチン酸アミドには、メラニン色素の抑制作用やメラニン色素が過剰に表面化する事を防ぐ効果を期待する事ができる事が可能です。

その為、美白効果を期待する事ができる成分の一つになっているのです。


【ルシノ―ル(4-n-ブチルレゾルシノール)】

ルシノ―ルは、PLOAが開発した美白成分になっています。

主にメラニンの生成を抑制する効果を期待する事ができる成分です。

その為、シミ対策として効果を期待する事が可能になっているのです。

メラニンの生成を抑制すると言う事は、メラニンを黒色化させる成分であるチロシナーゼの働きを抑制することができると言う事になります。

その事によって、メラニンが黒色化し、シミとなって肌に現れる事を防ぐことが可能になっているのです。


【マグノリグナン】

マグノリグナンは、カネボウが開発した美白成分です。

メラニンの生成抑制効果が非常に高いと言われているフェノール性二量体に注目する事で、開発された成分になっています。

そのフェノール性二量体にある天然成分マグノロールを元にし、安全に使用する事ができるように開発されたのが、マグノリグナンになっているのです。

このマグノリグナンの場合、メラニンを黒色化させる成分であるチロシナーゼの成熟を阻害する働きをする期待する事ができ、今までのチロシナーゼの抑制効果とは少し違った形で、美白効果を期待する事ができるようになっています。


【t-シクロアミノ酸誘導体】

t-シクロアミノ酸誘導体は、資生堂が開発した成分になっています。

紫外線の影響によってできるシミ。

そんなシミは、メラニンの色素沈着によって起こるシミになっています。

そして、そのメラニンの色素沈着は、人間の脳が紫外線を浴びた事を察知し、情報伝達物質が分泌される事によって、メラニンの分泌が行われ、その結果、色素沈着つまり、シミになってしまうと言われています。

この情報伝達物質であるプロスタグランジンの分泌を抑える事で、メラニンの分泌も抑える事ができると言う事に目を向け、開発されたのが、t-シクロアミノ酸誘導体になっているのです。


【カモミラET】

カモミラETは、花王が開発した美白成分になっています。

カミツレの葉から抽出したエキスを使用して作られている為、メラニン色素の生成を阻害する効果を期待する事ができると言われています。

その結果、メラニンの色素沈着を抑制させる事ができ、シミ対策として期待する事ができるのです。

この他、保湿や血行促進、消炎作用なども期待する事ができる成分になっています。


【ハイドロキノン】

シミ対策において、抜群の効果を期待する事ができるのが、ハイドロキノンと言われています。

元は、イチゴや麦芽などに含まれる天然成分となっており、酸化を抑える効果が非常に高い成分になっています。

そして、ハイドロキノンの場合、メラニンの色素沈着を阻害する事ができるだけではなく、出来てしまったシミに対しても、還元作用によって酸化を還元させ、メラニンの色を薄くする事も可能になっているのです。

その為、シミの予防から除去まで期待する事ができる成分になっています。


シミ対策基礎化粧品No,1

◆サエル(DECENCIA)の特徴・おすすめポイント

DECENCIA/サエル

敏感肌の人でも、美白効果を実感する事ができる専用美白ケアサエル(DECENCIA)。

敏感肌研究から生まれた美白ケア理論であるシナジーホワイト設計により作られたスキンケア用品になっています。


薬用美白化粧液
サエル・化粧水


サエル・化粧水

「美白しながら強く美しい角層へ導く」そんな効果を期待する事ができるのが、アサエル(DECENCIA)の薬用美白化粧液になっています。

セラミド生産の促進をはじめとし、素早く肌になじませる事ができる浸透性保湿成分の配合によって、使い心地の良い化粧液になっています。

使用方法としては、洗顔後すぐに使用する事がお勧めです。


>>>サエル(DECENCIA)公式サイト

薬用美白美容液
サエル・化粧水


サエル・化粧水

サエル(DECENCIA)の薬用美白美容液は、敏感肌の多くの人が悩んでいるシミやくすみに徹底対応した美白美容液になっています。

くすみの3原色にも注目して作られている為、シミ対策だけではなく、顔全体に及ぶくすみに対しても効果を期待する事ができるようになっています。

使用方法としては、ローションでお肌を整えた後、手のひらで温めてから顔全体に塗っていきます。


>>>サエル(DECENCIA)公式サイト

薬用美白クリーム
サエル・化粧水


サエル・化粧水

AneCanベストコスメ大賞2013 クリーム部門第2位を受賞しているサエル(DECENCIA)の薬用美白クリーム。

ディセンシア独自の特許応用技術を用いて、保湿と同時に成分の浸透、そして、それらの密封まで行う事ができるクリームになっています。

それは、まるで水が溢れだすような浸透力とまで言われているのです。

使用方法としては、手のひらで温めてから使用する事が基本となっており、乾燥が気になる場合は、朝のローションとデイミルクの間に使用すると良いと言われています。


>>>サエル(DECENCIA)公式サイト

ホワイトCCクリーム
サエル・化粧水


All About通販ベストコスメ 化粧下地部門 大賞をはじめとし、多くの賞を受賞しているサエル(DECENCIA)のホワイトCCクリーム。

外部刺激ブロック、紫外線カットなど計7役をこなす万能クリームになっています。

その為、これ一つあれば、朝のメイクも完璧です。

使用方法としては、朝使用し、特に気になる場所には、軽く置くようにして馴染ませていく事がポイントになっています。


>>>サエル(DECENCIA)公式サイト






同じカテゴリーの最新の記事

  • できてしまったシミへの対処法・シミを消すためのスキンケアガイド

    できてしまったシミへの対処法は、シミの種類によって違いはありますが正しいケアで薄くする~消す事ができます。 美白に有効な成分やおすすめの化粧品・美白化粧品の有効的な使い方をご紹介します。 また、レーザー治療やサプリメントなど美白...


  • 【オーガニックコスメの選び方】トライアルキットおすすめランキング

    ◇目次◇ オーガニックコスメのトライアルキットおすすめランキング オーガニックコスメとは? オーガニックコスメのメリット|本当に肌にいいの? オーガニックコスメは危険?!注意すべき2つのポイント オーガニックコスメとケ...


  • 大人ニキビが治らないのはなぜ?効果的な化粧水&洗顔料3選

    ◇目次◇ 大人ニキビ対策人気基礎化粧品No.1 大人ニキビと思春期ニキビの違いとは? 大人ニキビをケアする方法 大人ニキビは跡が残りやすい? 肌サイクルが乱れる原因は? 肌サイクル正常に保つポイントは? ...


  • アンチエイジングケア完全マニュアル!一番人気の化粧品は?!

    【目次】 エイジングケア基礎化粧品TOP3 光老化とは? 細胞の酸化とは? 皮膚の乾燥とは? 皮膚の菲薄化とは? 糖化とは? ◆肌老化の原因 肌老化の原因は、人それぞれ違うものの以下のような原因が主になっ...


  • お肌のシミ対策スキンケア完全マニュアル!

    ◇目次◇ シミ対策基礎化粧品No.1! シミの原因は紫外線だけじゃない|活性酸素や炎症にも要注意 厚生労働省認可の美白有効成分の特徴 ◆シミの原因は紫外線だけじゃない|活性酸素や炎症にも要注意 シミ...


  • お肌のたるみ対策スキンケア完全マニュアル!

    【目次】 お肌のたるみケア基礎化粧品No.1! 肌がたるむ原因は? 肌弾力の低下 基礎化粧品の選び方 表情筋の衰え ◆肌がたるむ原因は? 肌がたるむ原因は、残念ながら加齢です。 皮膚は、表皮、真皮...


  • シワ対策完全マニュアル!

    【目次】 シワ対策基礎化粧品No.1! 小じわ(ちりめんジワ)とは? 表情ジワとは? 真皮ジワとは? アヤナス(DECENCIA)がスゴイ! ◆シワの種類別対処方法 ●小ジワ(ちりめんジワ)とは? ...


  • あごニキビ対策完全マニュアル!

    【目次】 ニキビケア人気基礎化粧品TOP.3! 顎にできるニキビの特徴とは? ニキビとホルモンバランスの関係は? あごニキビの正しいスキンケア方法 基礎化粧品の見直しポイント ◆顎にできるニキビの特徴 【T...


  • FANCL(ファンケル)のトライアルキットってお得!

    ◆FANCL(ファンケル)のトライアルキットの中身 FANCL 無添加 洗顔トライアルキット 価格 980円 ...


  • FANCL(ファンケル)の基礎化粧品がおすすめ!

    ファンケルと言えば無添加化粧品として知られています。 ちょっとした刺激に反応してしまう敏感肌の方は安心安全で無添加の化粧品を選びたいもの。 ●ファンケルは創業依頼こだわりの無添加 防腐剤不使用 香料不...